チェーンのあれこれ

こんにちは^^


毎日暑いですね

暑い中お越しいただき本当にありがとうございます


実店舗ではないですが、出会って一秒で皆様に冷たい麦茶を出す勢いでございます

なんなら額の汗もサッと拭いています(心で)

熱中症お気を付けくださいね


さてハンドメイドサイトのほうではご注文承っておりますので

新作登録の傍ら発送も連日行っております

しばらくインスタグラムではご注文分の撮影紹介はお休みしようかな~と思います

あれもあれで梱包により時間がかかるので^^;

作業を今は優先させていただきます


商品登録も毎日少しずつ行っています

画像処理や計測もしつつなので登録数が少しずつで再開いつになるやら・・・なのですが

なんとかそろそろ再開希望です

もし旧作で売り切れてしまうことが気になる方はお取り置きもさせていただきますので

お問い合わせくださいませ

O様、ブレスレットがブスレットになっていますよ!というご連絡ありがとうございます!

ここでお礼をお伝えいたします

(先日登録したブレスレットの表記がブスレットにほぼすべてなっていて

登録後に気づき「ブスレットって・・・誰も買わんわ・・・」と自分でやれやれと

つっこんでいましたが一つ漏れがあったようで・・・ご指摘感謝です)


ハンドメイドサイトでも1週間ほどお休みをさせていただいたのですが

再開後、お買い物にお越しいただいたお客様から

「ブログ拝見していました初購入です」という声がチラホラ

「休んでほしいけど再開してほしい」という気持ちです

とか本当にほっこりするようなお言葉を思いがけなくいただけて

感謝の二文字を大漁旗のように振っています(心で)


このブログ、リピーター様は読んでいただけているのかな?と思っていますが

リピーター様以外の方は正直読んでないだろうという

ノホホンとした気持ちで書いているので、読んでいますと言われると恥ずかしいです

アメブロ時代に比べると全然カウンター数が回っていないので

まぁそんなに読まれていないんですけどね


さて、本日は最近いただいたお問い合わせとかご意見の中から

チェーンにまつわるお話をいくつか

少し長くなりますので、暑くて読めない~という方などは是非飛ばしてください


① チェーンレングス 表記について


基本的に、商品説明欄にチェーンレングスを書く時は「約〇cm」という風に

書かせていただいております

どのサイトでもなのですが


最近、「計測したら40cmなかった。約と書いて言い逃れしている。40cmちゃんとないのは

詐欺だ」的なご意見を頂戴したのですが。

そのご意見、否!40cmはあると思います!

というのは弊店で使用しているチェーンは全てではないのですが

毎月大量に商品として使用させていただいている為

自分の手で作っていては追いつきません

昔は自分で作っていましたが

現在は、基本的な14kgfチェーンタイプは工場で作っていただいております

もちろん弊店に届いた時点での検品もしていますが

工場でも出荷チェックを厳しくされていらっしゃいます

なので届いたチェーンに不良品が混じることはたまにありますが

レングスが短いというのは過去経験がありません


なぜ、約と書いているかというと、まぁ数㎜の誤差は出るだろうということで

約という表記にしています

チェーンコマが小さいものは誤差が少ないですが留め具なども入れると

ピッタリ〇cmというのはパーツの大きさもある分、無理な世界ですね^^;

そんな完璧なもの人間の世界に中々ありません


ただ、お客様のご意見もわかるんです

なぜなら「ありがちな見間違い」だから

チェーンは不思議なことに留め具を留めたままメジャーなどで計測すると

あら、不思議

短くない?38センチくらいしかなくない?ってなります

(私も何回もやってます)

でも、短いなと思って金具を外し定規で計測するとびたっと40cmレングスです

(ミリ単位の誤差はあります)

検品時のチェーンの計測は留め具を外した状態での計測になりますので

ご注意ください


着用してみて同じレングスでも短く感じる方長く感じる方、色々いらっしゃるのは

首回りや肩のラインの違いです

また夏などの暑い季節は肌の滑りが悪いので少しレングスが短くなったりもします

僅かな差ですが気になられる方も多いと思いますので

アジャスター等を活用して自分に合う長さを探されてみてください♪


② チェーンが絡まったら・・・


こちらも最近、お受けしたお仕事の一つ

チェーンの絡まりをとってほしいというご依頼

直前にご購入いただいた18Kチェーンが不意に絡まり自分ではほどけないので

もう一度買い直したいというお問い合わせでした

お届けしてすぐの商品が絡まった分に関しては、返送いただいたら

ほどいて再送させていただきますよ

ということで承りました


長くこの仕事をしていますとチェーンが絡まるということは

ままあります

だいぶ、チェーンの絡まりほどくマスターヨーダなのではないでしょうか

慣れているということもあり

承ったチェーンの絡まりは5分くらいでとれました


でも、皆様は仕事でチェーンと格闘されることはないと思いますので

チェーンの絡まり嫌!イライラする!

という方も多いのではとふと思いましたので

絡まりをとるコツを少し書いておきます


・留め具ははずす

 留め具ははずしながら絡まりをとったほうがやりやすいです


・ピンセットや目打ちのようなものを用意する

 チェーンを傷つけないようにですが指先でやるよりやりやすいです

 できれば先が細いものがお勧めです(毛抜きNG)

 目打ちは絡まっているところに通したりしてほどいていく時に便利です

 太目の針でもいいと思います


・そして揺らす

 

 絡まったチェーンに対した時に、大体の方がほどこうと指先でチェーンをつまみ

 ひっぱったりされると思うのですが

 絡まった瞬間の手立てでも有効ですが

 絡まりの結び目をタイトにさせないためにも、なるべく絡まったら早めに

 チェーンの絡まった部分を指でつまみ揺らしてください

 机から少し上の位置でチェーンが半分乗ったような形で

 ピンセットなどで揺らした方が効果的です

 揺らすと自然とほどける場合もあります

 チェーンの摩擦やリングカンの重なりで絡まっているように感じることもありますが

 揺らすことで意外と絡まってなかったと気づきます

 絡まった際に注意していただきたいのは

 チェーンの絡まりを固くしないこと

 ゆるゆると絡まっている状態はほどきやすいですので

 ほどいているときは絡まりが固くならないように、揺らしながら少しずつ

 結び目をゆるめ広げ解いてあげてください

 机の上にチェーンを置いて広げ、目打ちなどで絡まった部分に差して

 揺らしたりするのも効果があります


・心を鎮める

 絡まりをほどくときイライラしがちですが、不思議なことにイライラした気持ちで

 チェーンに向き合うと、ますます絡まります(経験者談)

 不思議です、きっとチェーンにコチラのイライラが伝播するのだろうと思います

 私は、いつも鼻唄をうたいながらだったり、チェーンをなんなら褒めてなだめながら

 絡まりと格闘しております

 引き寄せと言いますか、楽しいと思いながら向き合うと

 不思議なことにスルスルとほどけていきます

 魔法のようですよ、お試しください



長くなったのでこのあたりでチェーンについての話は終わります

あと一つあったような気もしますが忘れました^^;

お客様からリクエストをいただき8月誕生石の大きなペリドットを

また仕入れてきました

今回もやはり石質はそこまでよくないので訳ありでのお値段です

直近での再仕入予定はございませんので気になる方は今回ご検討くださいませ♪


暑いというひとことでは伝えきれない暑さですよね

災害並みの暑さと気象予報士の方がおっしゃっていましたが、ほんとそう

圧がひどいというか喉がつまるというか・・・

心の中では何度も「もう無理です」と

夏の退会届を差し出していますが

いまだ受け取ってもらえません(?)

7月初旬のころからすでに薄々気づいていましたけどもね

今年の夏は無理だと・・・

熱がこもりやすい体質で高温体質なので厳しいです

低温体質の方も厳しいのでしょうか

野菜も暑すぎると出来ないみたいですし

きゅうり少ないし高いの辛いですねぇ


なんか気持ちだけでも暑さに効果あるものはないのかなーと試行錯誤の毎日です

御酒も飲めないのでビールおいしい!となれないのが残念

元気になったり涼しくなるような音楽を聞きながら

石を眺めにお越しください!


Silvia de atelier


追記:年を取るごとに若い時には楽しかった夏が遠ざかっていきますが

   チアダンのドラマを見て元気をもらってます(べたな話だけどおススメ)

   若いわー若いなーと思いながら、遠き自分の女子高生が

   自分の中でポンポンを振りますよ、みなさんの中も出てきますよポンポン女子が^^

   できっこないをやらなくちゃ~  


  

Silvia de atelier SHOP BLOG

since 2007 天然石ジュエリーショップ お店ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000