石は個体差のあるほうが愛着が湧く?

こんにちは^^

いつもお越しいただきありがとうございます。


じめじめと湿度が高い毎日で身体が重くなっています。

眠気が強い方や食欲が無い方も多いのではないかと思いますが

今年の夏は暑いらしいですので

どうぞ時間が許す限りゆっくりと滋養をとってくださいね。

こちらも地震から1週間以上が経過しました。

私が住む場所は「台」というだけあって、まぁ高台にあるのですが

先週末に発送で台を降りたところにあるコンビニに行きましたら

地震時は商品がかなり床に散乱してひどかったそうで・・・

住宅でも食器がすべて割れたりというところも多く

距離的にそんなに離れていなくても地盤が弱い地域は被害は結構あったのだなと感じました。

(でも災害の被害救済対象市には含まれないんですけどね)

もっとひどい地域ももちろん多いので比ではないとは思いますが。

ニュースで出ている市以外でも

水道の配管がずれて家に帰ったら水浸しになっていたという話も聞きましたし

やはり大きい地震だと遭ってみないとわからないという諸々のことが聴こえてきます。

水を備えていたり食品も備蓄していたり、できる限りの対策は必要だと実感しました。

ちなみに都会の地震ではやはり携帯バッテリー必須ですね^^;

&あまりニュースでは出ていませんが地震直後は携帯会社のD社以外

不通になったことだけはお店のお客様にお伝えしておきます・・・。

最近格安SIMとか色々ありますが、やっぱりこういう時に強くないと困りますね。


さて本日は少し長文の文字多目になりますので。

しんどい方は読み飛ばしくださいませ~。




ブルーフローライト在庫僅少となっております。

ハンドメイドサイト様で連続2回にわたりピックアップしていただき

お値段もあるのでしょうが、沢山の方にお越しいただいて本当に嬉しかったです。

が、正直・・・困りました。

この商品か~ピックアップ・・・みたいな^^;

たくさんある商品の中でこれがピックアップか・・・ってなりました。

(ピックアップしていただけるならコレがいいという商品は本当にならない)


うーむとなってしまった理由、それは何故なら個体差が大きい商品だから です。

商品説明にも長々と書かせていただいておりますが(ハンドメイドサイトの方はもっと長い)

本当にコチラの石は個体差があって

尚且つフローライトの石質は写真に写りづらい・・・。


フローライトをご存じの方はよくお分かりかと思いますが

本来マットな質感なんですよね。


これが原石に近いフローライト。

曇りガラスのような石質が特徴です。そしてこの感じが可愛くもある。

なので逆に、あのブルーフローライトの研磨してツルンとした透明度のある

雰囲気に仕上がっているのは素晴らしい研磨技術だと思います。

また機会があれば書きたいのですが

研磨は本当に硬度で難しい技術なので・・・。

ちなみに原石そのままのパープルフローライトはこちら。

こういう立方体の結晶体がそのまま原石についています。

(こういう形を見るとここからペアシェイプなどのドロップを切り出すと

 そりゃあ「無駄」が多く出てしまって採掘会社にとっては

嬉しくないよなとしみじみ思います。)


まれに採掘地によっては透明度の高いフローライトもあるんですが

フローライトはこういった曇りガラスのような透明度が特徴になります。


色合いやクラックの入り方や質感なども微妙に画像には出にくいのはもちろんのこと

透明度って写真だと光の差し方で、いかようにも見えるんですよね・・・。

なので文字でかなり説明文を書いているのですが

まぁ、個人差の多いレビューがつくなぁという印象です 笑


ただ、この大きさのブルーフローライトでこのお値段で出しているお店は

多分あまりないのではないかなと思います。

実はそのくらいのお買い得価格にしています。

その理由は、個体差があるから、です。


弊店ではお値段の付け方は全部同じで

仕入原価 プラス かかっている経費 を基に利益をつけて

という計算式で行っています。

ですので「高いな!」と思われる石は原価が高く

「安いな!」と思われる石は原価が低いとお考えください。

稀に、仕入れてみて高かったけどこのお値段じゃ売れないだろうな

というものは利益を薄くしています。

安く出ている石はそういう意味では高い石に比べると

質という意味では劣るという風にとらえていただければと思います。


個人的には石の質がどうこうで良くないとか良いという風に

考えること自体が落ち込むくらい心が痛むんですけどね。

たまに「はずれ」の石と言われると本当にしんどいです。

石に「はずれ」も「あたり」も私はないと思っているので・・・。

でもお客様にしてみたら

綺麗な石が手元に届いてほしいと思うのは当然のことですよね。

お金払っているんですし。


思っていたのと違う!写真と違う!がっかり!という経験は私にもあります。

仕入れでは毎回そのことの繰り返しです。

仕入の検品で届く石の8割方

思っていたのと違う!写真と違う!と思いながら検品&洗浄&厳選作業をしています^^;


でも不思議なものなのですが・・・


すべて均一的に綺麗な石は美しいですが

なんというか個性というものはないなと感じます。

それぞれ個体差がある石だったり

届いた時に、うーん と思った石のほうが

ずっと見ていると愛嬌があるといいますか愛着が湧くといいますか

可愛く思えてきますので

宝石質の石とそうではない石の魅力は違うと思っていただけるといいな

と良く思います。


わかりやすく「宝石質が好きなお客様向け」とか

「天然石の味わいある石質が好きなお客様向け」とか

マークが付けられればいいんですけどねぇ。


とりあえず

ブルーフローライトは宝石質なものや均一的なガラスのような美しさを

好まれる方には向きません とはお伝えしておきます。

でも、私個人的な意見ですが(お店関係なく)

天然でこの色合いでこの質のものが地中に埋まっているんですよ!

ということを地球の真ん中で叫びたいです。

そうやってブルーフローライトを見ると神秘的で

めちゃくちゃ美しいと思うんですけどね・・・

透明度が高い石も美しいですが、フローライトの美しさは

それとは違う、もうちょっとその先にあるような気がします。

(マニア向けってことなのかな 笑)

見ていて飽きません。


石を通販で売るということは本当に難しいです。

私自身も消費者の立場で買い物すると

ん?って思うこともありますからね。

あまり細かいことが気になるなら店頭で買った方がいいなと毎回思いつつ

便利だから通販で買ってしまう。


人間は写真を見ると自分の頭の中で補正していく生き物なようです。

脳の機能でイメージが修正されていくみたいですね。

足りないところを補てんしていくというか。

見えていない情報も自分の希望が入って修正されてしまうのだそうで

なので、届いた時にイメージが違う!ということが起こるのだとか。

仕入れ先の方が言っておりました。

なるほど、たしかにそうかもしれないなと思いながら。

行ってない場所とかも写真見ただけで「こんなところだろうなー!」って

勝手にイメージして現地に行ったら「がっかり」とかありますもんね。


あまり綺麗に写真を撮ろうという意識もしていないですし

(商品をよく見えすぎる写真を撮ろうとしないという意味です)

商品写真で撮る石も「全く」選んでいません。

いつも、1秒でヒョイと手に取った石で作って撮影しています。

画像処理でも実物に近づける光の補正はしていますが色補正は極力しませんし。

でも、それでも限界があります。

やはり実物見ていただくと違うと思われる点があると思います。


商品説明をよくお読みいただき

ご納得いただけない場合はお問い合わせいただいて

それでも悩まれる場合は、ご購入されない方がいいのかなと私は思います^^;


やはりそれぞれ石にも幸せになってほしいですし

当たり前ですがお届けしているお客様にも幸せになってほしいなと思っておりますので

是非ご納得のいくお買い物をされてくださいね。


週末からかなり暑い日差しが出てくるようです。

熱中症などになりませんように。

お天気も不安定ですのでご注意くださいませ。

2018年も半分終わってしまいましたね・・・。

素敵な7月とそして後半戦が始まりますように!


Silvia de atelier



こちらの大粒フローライトはすべて完売となりました!

ありがとうございます^^

また違う大粒フローライトが仕入れられればと思っております

楽しみにお待ちくださいませ

Silvia de atelier SHOP BLOG

since 2007 天然石ジュエリーショップ お店ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000